学校長挨拶(Principal)
Greeting from the Principal





グロ−バル人材の育成

 ニュ−ジャ−ジ−日本人学校は、開校25年目を迎えました。学校は、ニュ−ジャ−ジ−州・オ−クランド市の閑静な住宅地の中、教会の一部を借用し開校しました。リス・ウサギ・ウッドチャック・シカや多くの野鳥を見ることができる自然豊かな場所にあります。
本校の正式名称はニュージャージー日本人学校といいます。英語表記は「The New Jersey Japanese School」です。

教育活動
 学校教育目標「進んで学習しよう・思いやりの心をもとう・健康な体をつくろう・アメリカ社会を理解しよう」の下、児童生徒は意欲的に学習・行事に取り組んでいます。小中一貫校のため、初等部1年生より教科担任制を取っており、少人数によるきめ細やかな授業を展開しています。1年生から9年生まで月〜金6校時までの週30時間授業を行っています。6校時終了後7校時に自主学習の時間を設定しており、復習や質問の時間に充てています。授業はノ−チャイムで行われ、委員会活動として行われる昼の放送以外は、大きな音が聞こえることはありません。 春の運動会・秋の文化的行事では、一人ひとりが主役となる発表が行われています。児童会・生徒会活動も活発に行われており様々な行事を企画・運営しています。学期を問わず転出入する児童生徒が多いこともあり、転入生を暖かく迎え入れる校風が確立しています。少人数ならではの異年齢間における、優しく友だちに接する人間関係が構築されており、行事だけでなく普段の休み時間にもボ−ルゲ−ムや縄跳びなどで遊んでいる姿がられます。 少人数制の特性を生かし、コの字型の机の配置・グル−プ活動を取り入れ「学び」を大切にした授業作りを展開しています。研究主題を「伝え合いの中で育む思考力の向上」とし、授業研究・校内研修を行っています。授業作りだけでなく様々な学校行事の中で「自尊感情」や「成功体験」が子どもたちに実感できるよう教育活動を教職員一体となり進めています。
英語教育
 初等部1年〜6年生までは週4時間、中等部は週3時間、優秀な米人講師によるESL・英語活動・英語の授業に取り組んでいます。図工・美術の時間も米人講師による英語での授業を行っています。学校で休日に、年3回の英語検定を実施しており、初等部3・4年生で3級取得、5・6年生で半数近い児童が準2級・2級を取得するまでになります。多くの生徒が、中等部を卒業するまでに2級・準1級を取得します。
進路指導
 中等部9年生の多くが、日本の高等学校への進学を希望し、進学しています。進路指導は、生徒・保護者との面談を繰り返し受験校を決定していきます。受験に対する指導や面接練習も丁寧に行っています。指定校推薦・校長推薦等の推薦制度もあり、この制度を利用して受験する生徒もいます。高等学校との連携を密にし、学校説明会・学校案内などの情報提供を行っています。
 進路指導を将来を見据えたキャリア教育として行っています。中等部では、プリンストン大学で、大学教授から直接講義を受けたり、この地で働いておられる社会人の方々からも職業観・目標達成に向かっての取り組みについてご指導いただく機会をいただいています。地域の会社・お店の協力を得て、職業体験学習を実施し多くのことを学んでいます。
 
  • 平成28年4月1日
                         ニュ−ジャ−ジ−日本人学校
                           校長  岡村 富広