電話番号

(201) 405 - 0888

Email

njjs@NewJerseyJapaneseSchool.org

所在地

Oakland, NJ 07436 USA

よくあるご質問

入学に関わるお問い合わせ

受け入れ枠(人数)に余裕がある場合は、いつでも編入学は可能です。入学に関わり、お子様の面接を実施させていただいておりますので、事前に本校(教頭)までご連絡下さい。

お電話(+1-201-405-0888)で直接お申し込みいただくか、E-Mail: njjs@NewJerseyJapaneseSchool.org にて、入学希望の旨を本校(教頭)までご連絡下さい。

直接本校へおいで頂くか、電話・E-Mailにてご請求下さい。入学関係書類は無料ですが、送料につきましては実費を申し受けます。アメリカ国内はもとより、日本への送付も可能となっております。(日本国内の場合、書類到着後日本の切手で800円分を、アメリカ国内の場合$3相当の米切手を、本校へお送り下さい。それ以外の地域に関しましては、直接本校(教頭)までお問い合わせ下さい)

それまで通われていた学校から、転出時に「在学証明書」を受け取ってきて下さい。
その他の書類につきましては、本校から転出した学校へ請求いたします。

健康診断につきましては、本校では必要ありません。しかし、ニュージャージー州の法律に定められた予防接種は受けなくてはなりません。

本校ホームページ内に、入学案内・予防接種一覧を掲載しておりますので、そちらをご覧下さい。

本校では、「編入に関する説明会」を実施しておりません。ご希望がある場合には、本校(教頭)まで随時ご連絡下さい。

渡米される前に、「海外子女教育財団」のホームページ等で教科書配布事業について http://www.joes.or.jp/kyokasho/index.html ご確認頂き、日本から教科書をお持ちいただきたいと存じます。

本校では日本と全く同じ教科書を使用していますので、アメリカ国内では購入できません。上記の「海外子女教育財団」へお問い合わせ下さい。

平成29(2017)年度の必要経費(学校納入金)は本校ホームページ内の「入学案内・授業料等納入金」をご覧下さい。

学校に関するご質問はいつでも受け付けておりますので、お電話かE-Mailにてご連絡下さい。なお、ニュージャージー州(アメリカ東部時間)は日本との時差が-14時間(日本の午前9時はこちらの午後7時)となっております(また夏時間;3月上旬頃~10月下旬頃;の場合は-13時間)ので、お電話をいただける場合にはご注意下さい。

まずは転出される(現在通われている)学校へご相談下さい。その後、本校にご連絡いただければ、入学に必要な書類等を送付させていただきます。最終的に本校にこられる日を基準に、入学のための受付や面接についてご説明いたします。

本校は、ほとんどの授業が日本語で行われます。従いまして日本語が話せる(理解できる)ことが前提となっています。

授業日並びに夏期休業中のような長期の休業日でも、月曜日から金曜日の午前9時から午後3時までは、事前のご連絡をいただければ、基本的にいつでも学校を見学していただけます。なお、編入(入学)の手続きにつきましては、お子様の面接等も行う関係から日程をご相談させていただいております。

特別な条件はございません。各学年の定員枠内であれば随時入学・編入学が可能です。ただし、事前にお子様の面接がございますので、日程を調整する上で学校(教頭)までご連絡下さい。

日本語を理解できるようであれば、入学可能です。国籍等は問いません。

いつでも入学(編入学)は可能となっています。

入学の手続きをしていただく前に、お子様との面接をさせていただいております。したがいまして、お子様が渡米されて面接を行った後に入学手続きとなりますので、ご了承下さい。

入学を前提とした体験入学はいつでも受け付けております。期間は休業日を除き連続5日間(最大)、1回限りとなっています。在籍児童生徒と終日学習活動を行っていただきます。費用につきましては、$150を申し受けています。なお、体験入学中にスクールバスの利用も可能となっています(バス代は別途徴収させて頂きます)。体験入学承認願.

面接は、お子様を対象に行っています。従いまして保護者の方のご同席はご遠慮いただいております。また、保護者の方への面接はございません。

用意していただく書類は、基本的に以下のものです。
①生徒登録カード
②入学願書
③誓約書
④パスポート
⑤入学金(小切手にて)
⑥ヘルスヒストリー(本校所定のもの)
⑦英語に関するアンケート
⑧スクールバス利用及び補助申請書。(バスご利用の方のみ)
なお、これらの書類を全てまとめたもの(入学に関する必要書類一式)を、ご希望により事前に送付(送料につきましては実費(日本への送料は、日本切手800円分)を申し受けます)させていただいておりますので、本校(教頭)までご連絡ください。

通学に関するお問い合わせ

スクールバスも運行しておりますが、自家用車での通学(送迎)も可能です。

午後3時45分になっています。

バスはAラインとBラインの二路線が運行しております。Aラインは、バス停が3カ所でFort Lee(オークツリーセンター)Edgewater(マリナーズ)WestNewYork(リバーウオーク)、Bラインはバス停が3カ所で。Cresskill(Kings Shop Center駐車場)【休止中】、Oradell(Memorial Park)【休止中】、Paramus(Assyrian Orthodox Church)です。

ニュージャージ州に住まわれる場合は、日本政府派遣教員がいる日本人学校は本校のみとなりますが、スクールバスの路線の関係で、多くの児童生徒のご家庭は上記のバス停近くに住居を構えられる方が多いようです。

本校まで、各方面からの公共交通機関はございません。スクールバスをご利用頂くか、自家用車での送迎となります。

ほぼ定時に出発・到着しております。ただし交通事情(渋滞等)によっては、遅れが生じることもあります。

*現在、Cresskill (Kings Shop Center駐車場)は中止中

 

アメリカでの生活に関わるお問い合わせ

学校側から特にご留意頂くことはございません

購入することはできます。但し日本国内の値段の1.5倍程度の値段で販売されていることが多いです。

ございます。特にスポーツに関しては、各地域で野球・サッカーなど子どもたちでチームを編成して取り組んでいるところが多いようです。

学校内に関するお問い合わせ

教師のほとんどが日本の文部科学省から派遣されている、各都道府県から選抜された現役の教員です。そのほかにESL(第二外国語指導;英会話)の教師、アート(図工・美術)の教師は米人となっています。他に現地採用の日本人も教師として働いています。

土曜日は休業日(お休み)です。ただ、参観日や学校行事で土曜日に登校する場合もあります。詳しくは年間行事予定表をご覧下さい。

ipad30台とノートパソコンを常に使えるようにしていますので、児童生徒は必要に応じて、授業や委員会活動で使っています。

学校でのクラブ(部)活動はございません。ただし、お子様が住まわれる地域によっては、スポーツクラブ(タウンが運営している)もあります。そこでは野球やサッカー・フットボールなどのチームがあるようです。

本校の児童生徒は、それぞれが自由な入れ物に勉強道具を入れて登校しております。 ランドセルを使用している児童もおりますが、勉強道具がしっかり入るものであれば、どのようなものでもかまいません。

初等部低学年等は、マス目入りのノートを使用したりしますが、それぞれの学年によって違います。ニュージャージーでも購入できますので、各学年の担任からの連絡により購入して下さい。ご入学・ご編入前にお知りになりたい場合は、本校(教頭)まで電話かE-Mailにてご質問下さい。

登校時刻につきましては、バスを利用される場合は各バス停によって出発時間が変わります。もっとも早い時間に出発するバス停では、午前7時20分発となります。学校へは午前8時20分前後に到着いたします。自家用車で送迎される場合にも、午前8時20分までに登校して下さい。

本校には制服はございません。学習に不都合のない服装であれば、自由です。ただし、体育の授業がある場合は、運動に適した服装で行います。

給食はございません。お弁当を持参していただきます。

ESLは、一人一人の習熟に合わせ、丁寧に教師が指導します。全く英語ができない子であっても、しっかり指導を行います。ご安心下さい。

平成28(2016)年度は、初等部6年生はフィラデルフィアへ、中等部8年生はボストンへ修学旅行にいきました。

本校の児童・生徒はどの子もいわば転校生ばかりです。新しく入学・編入学してきた子にも、とても優しく接しています。ご心配はいりません。

本校には特別進学クラスはありません。

日本と同様の教育課程で、子どもたちが日本に帰国してもスムーズに対応できるように教育活動を行っています。また小中一貫で教育を行い、初等部1年生から中等部9年生までが仲良く生活しています。

日本の学校と変わりありません。ただ、給食がありませんので、毎日お弁当が必要になります。

その他のご質問

本校では本校在籍者以外の児童生徒に、日本の教科書の配布は行っておりません。補習授業校に通われている場合には、補習授業校で、そうでない場合は在ニューヨーク日本国総領事館にお問い合わせ下さい。

本校には寮施設はございません。また、留学目的の児童生徒は本校には在籍しておりません。

ほとんどの子が、日本に進路先を求めていますが、アメリカ国内の高等学校へ進学する生徒もおります。

設立者は、「ニューヨーク日本人教育審議会」です。ただし、文部科学省の認可を受け、教員の派遣・施設維持費の補助などを文部科学省(日本国)にお願いしています。